photo by chisato kisara

9月のプール -Saptember Pool-

子供の頃、夏休みもろくに出かけなかった私は、小学校で開かれているプールに通う毎日だった。平凡すぎる生活を昔から過ごしてきたおかげで、その記憶は色濃く残っている。母親が用意していたそうめんのつゆの香り、台所に染み付いた玉ねぎの天ぷらの匂い、お昼ご飯のラジオの音なんか、ぼーっとしてるとすぐに思い出す。今年の夏も、あの時と同じで遠くへ行かなかった。平凡な日常の中で、優しい景色を見て、絵を描いていた。 9月は、真夏が終わった物悲しさを、整理するための季節だと思っている。 穏やかな日常を繋げるように、近くのものを確かな愛情を持って、描いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です